記事の詳細


こんにちは、Swishのカワカミです。

2015年、スニーカーブランドの中でも特に勢いにのっているadidas。

 

今年も様々なブランドとのコラボが発表されていますが、
そんなadidasから、自分で撮影した写真をオリジナルスニーカーのデザインにできるアプリ「miZX FLUX」がリリースされました。

というわけで、早速アプリを試してみました!

 

miZX FLUX
カテゴリ: ライフスタイル
現在の価格: 無料

 

まずはデータを登録

さっそくアプリをダウンロードして起動。
まずは基本データである「性別」「国」「シューズのサイズ」を選んで、「同意する」をタップ。

IMG_0404_R

 

写真を撮影 or 画像を選択

「同意する」をタップすると撮影モードに切り替わり、スニーカーを開きにしたガイドが出てくるので、
ガイドにあわせてその場で撮影するか、画面右下の「ライブラリから選択」ボタンをタップ。

IMG_0405_R

 

僕は山登りが趣味なので、
山で撮影した風景を選んでみました。

IMG_0407_R

 

選んだ画像は傾けたり反転させる事も可能です。

IMG_0408_R

IMG_0409_R

 

デザインしたスニーカーをプレビュー

画像の位置調整が終わったら「mi ZX FLUXをプレビュー」をタップしましょう。
そうすると、先ほど選んだ画像がアッパーにデザインされたスニーカーを360°プレビューできます。

IMG_0411_R

 

プレビューでは回転させたり、拡大・縮小することもできます。

IMG_0412_R

 

作成データは保存可能

作成したオリジナルスニーカーのデータはシューズボックスに保存し、いつでも閲覧することができます。

IMG_0413_R

 

さっそく、山岳写真でいくつかオリジナルスニーカーをつくってみました。

IMG_0414_R

 

まとめ

実際にオリジナルスニーカーの注文はしていませんが、「マイシューボックス」に作成したデータを保存できるのがいいですね。

ちなみに、アップロードする画像は5メガピクセル(500万画素)以上のカメラで撮影された画像しか使用することができないようです。
iPhoneだと4S以降のカメラであればアップロード可能です。
 
また、デザインできるモデルはZX FLUXのみですが、
このアプリでスニーカー選びの新しい楽しみ方ができたのではないかと思います。
 
今後も同様のアプリやサービスが他ブランドから出てくるとおもしろいですね。

miZX FLUX
カテゴリ: ライフスタイル
現在の価格: 無料

関連記事

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る