記事の詳細


こんにちは、Swishです。

本日も全国からヤフオク出品代行お買い取りのご依頼品が続々と到着しております。

本日の入荷はいつも人気ブランドの新品や、未使用品を送ってくださるN様からWTAPSやSupremeのご依頼をいただきました。

いつもありがとうございます!!

0614入荷2

付属品も完備されていて、洋服を大切に保管、管理をされているんだな~と感じます。

さて、本日はそんな付属品についてお話です。

洋服の付属品は捨てないで置いておいたほうが絶対に良いです。
付属品っていうとピンと来ない方もいるかとは思いますが、

例えばこんなものです↓
品質表記や、サイズ、品番、定価などが書かれた紙タグ。

商品を買った時は必ず付いていると思います。靴であれば紙箱が必ず付属しています。

紙タグjpg靴紙箱

僕自身も洋服(商品)を購入するときは、商品そのものが気に入って購入するんですが、
こういったハンガーや、ステッカー、ボタンなど、その他ちょっとしたおまけの付属品が付いていると、さらに嬉しいものになります。

0616入荷3

0616入荷

買った時は勿論売るなんて考えてないと思いますので、こういった付属品はすぐ捨ててしまう人も多いと思いますが、
やめておいたほうが良いです。

買ってからしばらくしてやっぱり使わないな~と思ったことありませんか?僕は結構あります。

いざ売る時に、査定額や落札額に大きな差が出てしまいます。

僕もいざ売ろうかな~といった時に失くしる事も多いのであまりえらそうには言えませんが、(汗)
実際にお買い取りの査定や出品価格を決める際に、付属品があれば、もっと高い査定金額を出せるのに!
靴の箱があれば、出品価格ももう少し高くできるのにもったいない!と思うことが少なくありません。

やはり付属品があると正規品の証明にもなりますし、
中古品といえど、付属品があるとないのとでは、印象が全く違います。

例えば同じ値段の同じ商品を買うとき、付属品付きと付属品なしのものどちらを選びますか?

付属品なしの商品

tokei

付属品完備の商品
tokei2

たとえ紙タグ一枚だけでも付属品がある方を選ぶはずです。

更にいうと、たとえ中古品でも付属品が完備されているものが、付属品なしの新品よりも

査定額や、落札価格が高くなる場合も少なくありません。

 

たとえ売るつもりが無くても、付属品は捨てないで置いておいたほうが良いですよ♪

現在swishでは、ヤフオク出品代行お買い取りのキャンペーンを多数開催中です。

開催中のキャンペーンはコチラ

お問い合わせ

 


関連記事

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る