返 金 作 業

 

★返金作業において気をつける事とは

・委託者毎の返金状況を把握する
・返金内容にミスがないか確認する(ミスは許されない)

1.返金対象データのステータス変更

①落札ナビ「対応終了」ステータスのデータ数を確認
②落札ナビ「2007」ステータスのデータを「対応終了」ステータスに移動
※この時に移動前の「2007」ステータスのデータ数と「対応終了」ステータスのデータ数の合計が合っていればOK
③先月以前の「発送済み」ステータスのデータを「2007」ステータスに移動
④「2007」ステータスのcsvを全てダウンロード
⑤ダウンロードしたcsvデータを全て結合し「.xlsx」形式で保存
※結合は「N-MakerCSV」などのデータ結合ソフトを使う

 

2.対象データの返金額を計算

①「1.」でDL・結合したcsvデータを「委託」「買取」にシート毎に分ける
②「委託」シートで返金額の計算
③返金額が計算できたデータを返金管理エクセル「返金表.xlsx」にコピー
④店頭返金のみをまとめたエクセルをこうちゃんに渡す

 

3.今月分の返金清算リストをまとめる

 

4.JNBからWEB一括振込

①「WEB一括振込」→「グループリセット(*)」
(*)グループの空きが少ない場合

②「グループ名変更」で未登録グループの名前変更 例)2015年3月の返金→15年3月末_返金

③「グループ一括変更」で登録済み口座を先ほど作ったグループに移動

④「振込先登録」から未登録口座の登録を行う

⑤件数確認後、「WEB一括振込」から口座・名義・金額を確認しながら行う

⑥一括振込予約画面をαEDITで保存
※返金額合計が正しいか確認のため